取引には費用もかかります。

株の始め方…、第三歩目は取引にかかるお金について。

前回、株取引するには証券会社に口座を解説する必要が有り、取引するときには証券会社の手数料が発生する事を書きました。

実は、証券会社の手数料以外にも株取引には費用が発生します。

それは…、株で設けたお金にかかる「税金」です。

株で収益を得ると「キャピタルゲイン課税」という税金がかかります。

もし税金を払わなければ…、当然ながら脱税になるので注意しましょう。

実際には、一年間を通じて売買した株の利益と損失を合計して、そのプラスが20万円を超える場合には税金がかかります。

税率は利益の20パーセントと結構高い利率になっています…。

わざわざ税金を払うのがめんどくさいという人には、証券会社の「一般口座」ではなく「特定口座」を開設することをオススメします。

特定口座の源泉徴収有りを選択すれば、証券会社が所得税と住民税を計算した上で、株取引で得た利益から税金を源泉徴収してくれますよ。

逆に言えば、一般口座や特定口座の源泉徴収無しを選択すると、自分で納税書類を作ったり確定申告をしなければいけないので注意しましょう。

また、特定口座の源泉徴収有りの場合でも確定申告をしなくて良いわけではありません仮に一年の利益が20万円を超えれば確定申告は自分で行わなければいけません。

株取引では利益が出たからといってそれが全て懐に入るわけではありません。

手数料や税金がかかってくるのでその点は絶対に忘れないように。

株の始め方を学んでいる人は、手数料と税金に関してはよく吟味しましょうね。

Comments are closed.